KOYO - 光陽ホールディングス株式会社

  • 会社案内/アクセス
  • 不動産事業
  • 金融事業
  • LED事業、災害・感染症対策事業
  • 太陽光発電・オール電化事業
  • ビジョン

太陽光発電・オール電化事業

太陽光発電+オール電化をご希望の方

太陽光発電とオール電化を組み合わせる事のメリット
[経済的で地球に優しいエコライフ]

オール電化とは

一言でオール電化を表すと、一般的にガスなどをエネルギー源とするキッチンでのお料理やお風呂の給湯も含めて、家庭内で使用する全てのエネルギーを電気でまかなうようにすることです。オール電化にした住宅は、経済性・安全性・環境性に優れた、人に優しい住空間を提供してくれます。
さらに、太陽光発電とオール電化の2つを組み合わせると、光熱費を大幅に削減できるだけでなく、無限に降り注ぐ太陽の力を利用して、地球の環境に配慮したエネルギー循環型の生活に近づけることができます。

エコキュート

家庭で使うエネルギーの約30%は、お風呂とキッチンのお湯が占めています。エコキュートは、暖められた空気の熱を利用してお湯を沸かします。原理は空気から熱を吸収して、さらに圧縮して高温に、その熱で水をお湯にします(ヒートポンプ式)。「ヒートポンプ」とは、自転車のタイヤがパンクした時、空気入れを使ってタイヤを膨らませていると、空気入れ自身が熱くなる原理と同じです。

当社でご提供可能なエコキュートメーカー一覧はこちらから。

※再生可能エネルギー:風力、水力、太陽光や太陽熱など 自然から得られるエネルギーの事

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは、火を使わずに電気の力で鍋やフライパンを暖め(電磁誘導加熱)、お料理することができる調理器です。200Vのハイパワーによって高い熱効率が得られ、お料理が素早くできあがります。火を使わないので火災による危険性が低下し、小さな子供やお年寄りがいるご家庭でも安心してお使いいただけます。また、IHクッキングヒーターならではの多彩な便利機能が搭載されている上、サッと一拭きで普段のお手入れができることも人気のひとつです。

当社でご提供可能なIHクッキングヒーターメーカー一覧はこちらから。

PAGE TOP

オール電化と太陽光発電を組み合わせると大きなメリットが得られます

【経済面のメリット】

  • ・ガス代0円で光熱費コストダウン。
  • ・太陽光発電で昼間の電気代コストダウン。
  • ・余った電気は売電で光熱費コストダウン。
  • ・夜間電力によるコストダウン。
  • ・給湯エネルギー削減によるコストダウン。

オール電化割引、売電などの他、光熱費の基本料金を電気に一本化することでも光熱費が押さえられます。日中は太陽光、夜は深夜電力利用で効率的です。太陽光発電もエコキュートの熱源も地球上に無限に降り注ぐ太陽エネルギーを源としているので、経済的なのです。

太陽光発電+オール電化による光熱費の削減

(試算条件)
※2011年3月時点。平均的4人家族、一戸建て2階建築、4LDK、延床面積約120㎡の家庭を想定。
※ガス・電気併用住宅では、東京ガス「暖らんプラン」、東京電力「従量電灯B(60A)」による契約。
※オール電化では、東京電力「電化上手(時間帯別電灯)」による契約。
※太陽光発電システム4.0kW、南側一面、傾斜30度により試算。

本試算は、お客様の生活パターン、各製品の使用パターンを仮定し計算していますので、実際の省エネ効果とは大きく異なる場合がございます。あくまで目安としてご利用ください(本試算結果はお客様の省エネ効果を保証するものではございません)。

PAGE TOP

安全面でのメリット

  • ・子供や高齢者の火による事故や火災発生を低減。
  • ・ガス漏れや火の消し忘れ、空焚きなどによる損傷や
     火災の低減。

小さな子供や高齢者のいる家庭に不安なのが調理やお風呂での火傷や火事。オール電化製品は火を使わない事で、こうしたリスクが低減されます。

環境面でのメリット

  • ・太陽光発電とオール電化でエネルギー循環型の生活。
  • ・家庭から排出されるCO₂の削減。
  • ・家庭からの発熱低減。

自宅の屋根に載せた太陽光発電で作った電気をオール電化にした住宅で使用。まさに自立したエネルギー循環型の生活に近づくことができます。さらに、地球温暖化の原因とされるCO₂の排出量を大きく削減できると同時に、家庭からの発熱量を押さえることで、地球の気温上昇防止にも一役買います。

エコ事業 トップへ

太陽光発電をご希望の方

太陽光発電+オール電化をご希望の方

まるごと省エネ・リフォーム

施工・補助金申請の流れ

太陽光発電メーカー比較

オール電化製品メーカー比較

法人のお客様へ